大きい会議室

お洒落さも重視して選びたいバーチャルオフィス

バインダーで仕事をする男性

起業の際、オフィス家賃を効果的に削減できる方策として、バーチャルオフィスの利用を考える人が増えています。利用者、利用希望者の増大を受け、最近では、設備やサービスの充実したバーチャルオフィスが増えていますので、これから契約される方は、ご自分のニーズにぴったりマッチするところを選びましょう。例えば、お洒落なイメージのビジネスで起業するなら、バーチャルオフィスを使うにしても、お洒落さが引き立つ物件を選ぶ方が賢明です。
ミーティングルーム付きのバーチャルオフィスと契約した場合、顧客や取引先、ビジネスパートナーなどとの打ち合わせでは、相手方にオフィスまで来てもらう場合もあるでしょう。そんな時、会社のお洒落なイメージとはかけ離れた設備仕様のオフィスでは、相手方にかなりネガティブな印象を与える可能性が高いです。
バーチャルオフィスは、本来は、オフィスの利用なしに、事業用アドレスと電話番号をレンタルするサービスです。しかし、ミーティングルーム利用の場合に見られるように、物件を実際に使う機会もしばしばあります。そんな場合に備えて、必要な設備仕様や外観を備えたバーチャルオフィスを選択して、契約することが大切でしょう。

起業の難しさを緩和してくれるバーチャルオフィス

起業の際には、新規ビジネスのアイデアと資金が必要ですが、オフィス家賃の支払いが不安で独立に踏み切れない人は大勢います。起業希望の多くの人にとって高いハードルになるオフィス家賃ですが、バーチャルオフィスを利用することで、この困難さを緩和することができます。バーチャルオフィスは、オフィス物件に入居せず、ビジネスで使えるアドレスと電話番号を有料で借ります。
従って、事業そのものは自宅その他の都合のいい場所で運営し、オフィス所在地を対外的に示す必要がある場合に、レンタルした住所等の情報を開示するという運用です。物件への入居がないため、利用料金は大変お安くなっています。この方法なら、高額のオフィス家賃負担という頭の痛い問題もなくなるので、起業を実現する上での大きな障害が一つ取り除かれるでしょう。ビジネスの内容を今一度よく検討して、バーチャルオフィス利用が適切かどうか、よく考えてみてはどうでしょうか。
実務を処理するのにオフィススペースが欠かせない事業では、バーチャルオフィスの利用には無理があるかもしれません。しかし、ビジネスの回し方、自宅を含めたスペースの使い分けを上手く工夫すれば、バーチャルオフィスの利用が最適という可能性も十分にあるでしょう。

バーチャルオフィスはセキュリティに配慮して選ぼう

バーチャルオフィスは、オフィス物件の実際の利用を伴わずに、アドレスと電話番号を借りるサービスなので、安いというメリットが強調されることが多いです。確かにその点のメリットは非常に大きいですが、もう一つ軽視できないのが、ビジネスオーナーになることに伴うセキュリティの問題です。
個人事業で独立し、自宅をオフィスとして使うと、事業関係の連絡先として自宅住所を公開せざるを得なくなります。具体的には、名刺に載せて営業先に配る、ホームページの事業所情報として掲載する、ネットショップのサイトでショップ所在地として公開するといった形です。自宅住所をこのような形で知らせてしまうことには大変大きなリスクが伴いますので、バーチャルオフィスと契約して、その住所ならびに電話番号を使って対外的な活動を行う方が安心です。
特に、単身でお住まいの方ではなく、ご家族と同居している場合は、こうしたセキュリティ上の配慮は必要不可欠と言えます。オフィス物件を借りて支払う家賃を抑えるのに非常に役立つバーチャルオフィスですが、事業主とその個人的な関係者のセキュリティ面でも重要なメリットがあるサービスと言えます。独立の際には、是非、積極的に利用しましょう。

イチオシリンク集

  • サービス内容やセキュリティに注目してバーチャルオフィスを選ぶなら【レゾナンス】がおすすめです。こちらは多くの人に利用されている信頼のおける会社ですので、安心してバーチャルオフィスを利用できるでしょう。